Sample Image

育毛剤+ブラッシング

ブラッシングは毎日行っていることだと思いますが、何気なくブラッシングしていませんか?
方法をきちんと行えば髪や頭皮によい効果を生み出し、
反対に間違ったブラッシングをしていると、
頭皮や髪に逆効果になり、
さらには育毛の妨げや薄毛や抜け毛を促進してしまうこともありうるのです。

それを聞いて慌てた方、そして再度確認をしたい方、どんな方法がいいのか確認をしてみましょう。
まずブラッシングの効果http://www.trinitydreams.com/bura.htmlとして、
頭皮にある皮脂を髪全体にいきわたらせる効果があり、
それにより髪の毛につやと潤いを与えることが出来ます。
また、頭皮のはがれそうな古い角質を浮かせる、
フケを取り除く、髪の毛の表面に付いた汚れを取るという効果があります。

お気づきになった方もいらっしゃるでしょうが、
洗髪前のブラッシングは効果的で、
さらに育毛シャンプーを使うときはその効果をさらにサポートする役割も担っているのです。

ただし気をつけなくてはならないのはブラッシングのし過ぎによる、頭皮や髪の毛への強い刺激です。
もっともやってはいけないのは頭皮ケアや育毛のために、
血行を促進する為の頭皮マッサージのつもりのブラッシングです。
頭皮を痛めたり、マッサージの刺激によって頭を守ろうとして頭皮を硬くしてしまい、
結果的に髪が生えにくくなってしまう、という状態になってしまう危険性があります。

では、髪の為、頭皮の為のブラシとそのブラッシング方法はどうしたらいいのでしょうか?
まずブラシですが、ブラシの先が丸みのあるものがいいでしょう。
先が少しとがっていたりすると、頭皮を傷つけることになり、炎症を起こしてしまう可能性があります。

そして、静電気防止加工のブラシや天然素材のものがいいでしょう。
それはなぜかといいますと、髪をとかすということは、摩擦が起こります。
何度も繰り返すと静電気が起こり、
髪の表面を傷つけてしまったり、キューティクルをはがしてしまったりする為です。
適度な回数にとどめることが大切です。

ブラシ自体の素材はソフトなものがいいでしょう。
髪への当たりも柔らかくなりますし、目の粗いものを選ぶのがいいと思います。

ブラッシング方法は髪の長さにもよりますが、
まずしてはいけないのはどんな長さの方でも、
いきなり髪の根元からとかすのはやめてください。
途中で絡まったり、それを無理にほどこうとして、
髪の毛が引っ張られてしまい毛根にまで負担がかかってしまいます。

よい方法としては、毛先から順番にゆっくりとほどくようにとかすことです。
髪がそれほど長くない方であれば毛先、中間、根元と三段階くらいに分けるといいでしょう。
髪の長い方は、それをさらに細かく分けて、
毛先から徐々に溶かしていくようにしてください。

いずれもゆっくりと優しく動かすこと。
もし髪が乾燥して痛んでいるような方は、
先にヘアクリームをつけるという方法もあります。
あくまでも適度に行うことで、髪や頭皮の健康を守ることが出来るのです。

育毛のためのブラッシングをする場合は、ブラシの先端が頭皮に当たらないようにしてください。
浮かし気味にブラシを動かすようにするのがポイントとなります。
こちらのサイトには脱毛の原因についての解説などの役に立つ情報が様々です。
どうぞ、ご覧ください。

サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 All Rights Reserved. ikumoubanzai