Sample Image

育毛剤と発毛剤

抜け毛対策の市販されている頭皮のヘアケア商品、
かなり多くの商品が発売されていますが、いったい何が違うのでしょうか?
そして自分にあった商品とはいったいどんな物なのでしょうか?
初めて買うならなおさら迷ってしまうと思いますので、それぞれの違いをまとめてみました。

まず市販されている抜け毛対策の商品は大きく三つに分けることができます。
いずれも頭皮の環境を改善するということ、
薄毛の症状を予防するということでは共通していますが厳密に言うと、
髪や頭皮に働きかける作用が違う、ということです。

それらは「育毛剤」と「発毛剤」、
そしてあまり聞かないかもしれませんが「養毛剤」の三つになります。
字でなんとなく思い描くことは出来ますが、効果はそれぞれ違うものになります。
詳しい内容をぜひ知っていただいて、
その上で自分に合った製品を厳選してみるのが一番でしょう。

まずこの三つのうち、よく耳にするのは育毛剤だと思います。
育毛剤は今ある髪に働きかけるものです。
血行促進や栄養補給を行うことで、
抜け毛を予防し今ある髪を丈夫に育て、フケやかゆみを抑えてくれます。
強い発毛を促す効果はないものの、
頭皮環境を整えて薄毛部分からの発毛が期待できます。
ヘアサイクルの乱れを整えてくれる育毛剤というのがこちらのサイトで紹介されています。

それに対して発毛剤は、「発毛促進剤」とも呼ばれ、発毛をさせる、ということです。
育毛剤やこのあとに紹介する養毛剤よりも、もっとも発毛の力が強いということです。
作用する場所は毛母細胞で、これは毛髪を作る細胞になります。
それを活性化することで、
休止期になって地肌が見えてしまっている毛穴から、
再び発毛を促す効果を持っているということです。
ただし、発毛剤の場合注意しなくてはならないのが、
脱毛症の種類によって効く物と効かないものがあります。

たとえば「こっちの脱毛症には効果があるが、
別の脱毛症には効果がない」というものがありますので、購入する際には注意しましょう。
さらに、効果が期待できるという利点はあるものの、
その分副作用が伴いやすいという事も注意した方が良いと思われます。

この二つと若干異なるのが「養毛剤」と呼ばれるものです。
髪の毛や頭皮に、水分や油分といった栄養を与えることによって、
健康的な髪の毛を維持し、外からの刺激から髪の毛を保護したり、
痛みを修復し抜け毛を防ぐ効果が期待できます。
育毛剤ほど強い効力はありません。

感覚としては化粧水のイメージが近いと思います。
「最近髪が薄くなって抜け毛が増えたな」
「髪の毛が細くなって、コシもなくなってきたな」と思われるようでしたら、育毛剤が良いでしょう。
「髪の毛が抜けてしまって地肌が見えてまずい」と思われるようでしたら、発毛剤が良いでしょう。
三種類とも根本から使用方法、そして効果がかなり異なります。
自分にあった商品を探してみてください。

中には飲む育毛剤『プロペシア』、
飲む発毛剤『ミノキシジル』というものも存在するようです。
抜け毛の予防や改善を目的とした場合、
育毛剤など単体での使用ではなく養毛剤と育毛剤などを併用することで不足部分を補い、
相乗効果を生み出すことのできる商品同士もあるようです。
しかし、医薬品の場合には併用禁忌の商品もありますので、医師に相談の上使用してください。

ただし、これらの商品を使うことと同じくらい大切なのは、
頭皮を清潔に保つことhttp://www.icassp2010.com/care.html、そして食生活を見直すこと、きちんとした睡眠をとって規則正しい生活を送ること。
その根本的なものをきちんとしなければ、せっかくの薬効が半減してしまいます。
そもそもなぜ抜け毛や薄毛になってしまうのか?
その理由はhttp://www.baltichmc.com/9.htmlで詳しく解説されていました。

これをいい機会として、改めて生活習慣を見直すのも良いと思います。
こちらのサイトhttp://xn--xck4c9azd2bx175d8q4a.tk/もわかりやすい解説が記載されていますので、ぜひご覧になってみてください。

↓抜け毛予防にもなる育毛シャンプーはこちら
   
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 All Rights Reserved. ikumoubanzai