Sample Image

病院で処方される育毛剤

育毛というと、薬局等で売られている育毛剤を思い浮かべる方が多いでしょう。

しかし、薬局で売られているものが本当に自分に合っているのか、
自己判断をするのが難しい、そんな不安を持つ方もいらっしゃると思います。

男性型脱毛症(AGA)は、病院での育毛が可能となっています。
専門的な治療を受けることにより、その症状を原因から突き止めることで、
自分に合った薬を処方してもらうことで、自己判断で買う育毛剤と大きな差を生むことになります。

多くの病院で処方されるものに、飲む育毛剤があります。
「プロペシア(一般名:フィナステリド)」と呼ばれるものです。
AGAの大半の方は男性ホルモンのうち、
THと呼ばれる「テストステロン」が酵素によって変換されてできる抜け毛の原因になるDHT、
「ジヒドロテストステロン」に変化させる「5aリダクターゼ」の働きによるものです。
それを抑制するのがプロペシアということになります。

ただしプロペシアは医師による処方が必要になるため、市販では売っていないものになります。
AGAによる薄毛や脱毛にのみ効果があるものです。
これは薬局などでは買うことはできません。

ではどのような病院にいったら処方してもらえるのでしょうか?
一般的には皮膚科での診断、そして処方という形になりますが、
皮膚以外でも皮膚科やその他専門的に行っている病院もあるようです。
ただし気をつけたいのは「すべての皮膚科で処方をしてもらえるわけではない」ということです。
AGA治療をまだ行っていない、という病院もあります。
必ず診察前に連絡をして確認をするようにしてください。

どんな病院なのか、気軽に相談をすることができるか、
ただ処方するような病院でなく、気軽に相談ができるような病院で見てもらうことをお勧めします。
ただし、一般に行われている治療と、
専門外来での治療では、出される薬、経過確認などの方法などが変わってしまいます。

たとえば一般的な病院での治療では、
血液検査などを検査する病院は少なく、処方される薬はプロペシアの単錠になります。
検査がない為価格は安く行うことができます。
ただしあくまでも脱毛症の遅延や現状維持が目的になります。

それに対して専門外来では、発毛(毛髪密度増量)が目的となりますので、
血液検査などを行ったうえで、複数の錠剤が処方され、
それに対する効果も頭部撮影などで経過観察をするので、
安心かつ安全に育毛をすることができるというメリットがあります。
ただしそれだけの検査を行うので費用が高いということがデメリットになります。

それぞれ効果が現れるまでには早くて3〜4ヶ月、
長くて6ヶ月ほどで、発毛や改善の兆候を確認することができます。
ただし病院での診察および薬の処方には、残念ながら保険の適用がされません。
したがって全額自己負担になってしまうため、高額になりやすい、というデメリットがあります。

しかし、どんな育毛剤にも副作用の恐れがあります。
それらを踏まえたうえで、本気で育毛を考えている方には、
病院での診察、薬の処方をしてもらった方が、安心かと思われます。

一つの方法として、AGAの治療薬であるプロペシアに興味のもった方は、
一度無料で行えるようなカウンセリングを行うのもいいかもしれませんね。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 All Rights Reserved. ikumoubanzai